• ホーム
  • 会社紹介
  • 食物アレルギーへの取り組み

食物アレルギーへの取り組み

アレルギーケア

すべての人に食べる喜びを。
ニッポンハムグループには、
食物アレルギー対応商品の専用工場があります。

食品メーカーとしていち早く、アレルギーケアに注目。

食物アレルギーの人も、そのご家族も、みんなで同じメニューを楽しんでほしい。
そんな想いをこめて、1997年にニッポンハムグループは業界でいち早く、食物アレルギー対応商品の研究・開発に取り組んできました。

2007年には東北日本ハム株式会社で特定原材料7品目(卵、乳、小麦、そば、落花生、えび、かに)を使用しない工場棟が稼働開始しました。
2015年からは特定原材料7品目と豚肉以外の特定原材料に準ずるもの20品目について、工場で仕入れない生産体制を構築して、食物アレルギー対応商品を製造しています。

仕入れた原材料は、特定原材料7品目が含まれていないかアレルゲン検査をし、検査結果がでるまでは別区画で管理しています。
また商品についても、製造途中を含め製品の安全確認後に出荷するよう万全を期しています。

従業員も、工場に入る際は全員手洗い・アルコール消毒・エアシャワー等、決められたルールを順守しています。食堂に持ち込む弁当についても、そば・ピーナッツの持ち込みを禁止とし、食後には歯磨きを義務付けています。

食物アレルギーのある人も、ない人も。みんなにおいしい毎日を。

「みんなの食卓」シリーズは、 "みんなで楽しく、おいしい食卓を"というコンセプトのもと、特定原材料7品目を使用せず、味も通常のものと変わらないよう工夫して作った食物アレルギー対応ブランド。ハムやウインナー、ハンバーグ、ミートボールなど、さまざまな商品を展開しています。

主食となる商品までそろえて、
食物アレルギーに挑む。

主食商品となる商品を展開。

ハムやソーセージといった「おかず」に加え、主食となる商品を展開することで、食物アレルギーの方をサポートしたい。 そんな想いから、ニッポンハムグループでは2010年から米粉パン作りを始めました。 その他、パスタやラーメンにも使える米粉めんも販売。ラインナップの拡充に取り組んでいます。

いろんな味と形の米粉パンで、喜びをもっと増やしたい。

小麦グルテンを一切使わずにつくった米粉パン(乳・卵も不使用)。
独自の技術で、ふわふわもちもちの食感を実現しました。

お客さまのニーズに合わせて、「まあるいパン」や「しかくいパン」、「食パン」などをはじめ、かぼちゃとメープルを使った「米粉のパンケーキ」など味や形状のバリエーションを増やしています。

食物アレルギー対応商品を、もっと便利に、もっと身近に。

どこでも、誰でも、安心しておいしく食べられるように、
食物アレルギーをお持ちの方でも、他の人と同じものを食べられる、
みんなでおいしさを分かち合える。

そんな喜びを感じてもらえるために、私たちは商品開発はもちろん、グループ会社とともにメニュー開発や、売場提案も積極的に行なっています。

アレルギーに関する、様々な情報を発信。

日本ハム(株)はインターネット上に食物アレルギー情報サイト「食物アレルギーねっと」を開設し、アレルギーに関する様々な情報を、わかりやすく発信しています。

食物アレルギーの方や家族の悩みである食事のヒントになるように、卵を使わないオムライスや、小麦や牛乳を使わないケーキなど、特定原材料を使わずに、安心して食べられるレシピをご提供しています。

(引用:ニッポンハムグループが大切にしていること 東北日本ハム(株))

ページトップへ